青の祓魔師 京都不浄王篇

【概要】

加藤和恵によるマンガ「青の祓魔師」を原作とするテレビアニメのシリーズ第2期作品。全12話。
原作コミック第5~9巻のアニメ化で、第1期後半のアニメオリジナルストーリーには準ぜず、原作に忠実に描かれています。

【あらすじ】

本来は干渉することすらない二つの次元、人間の住む「物質界アッシャー」と悪魔が住む「虚無界ゲヘナ」であったが、悪魔はあらゆる物質に憑依して物質界に干渉しており、そんな悪魔を祓う「祓魔師(エクソシスト)」と呼ばれる人間たちが、長きに渡り、悪魔との戦いを繰り広げていた。魔神(サタン)の落胤として人間との間に生まれた奥村燐は、己の出自を隠し、「祓魔師」を目指して、正十字学園の祓魔師養成機関・祓魔塾に通い、そこで出会った仲間との絆を深めていたが、地の王・アマイモン襲撃の際に、魔神の落胤であることが露見。恐れや戸惑いから燐と距離を置く仲間たち…。そんな中、学園最深部に封印されていた「不浄王の左目」が何者かに盗まれる事件が発生。燐たちは、次に狙われるであろう「不浄王の右目」を守る京都出張所へ、増援部隊として派遣されることになるのだった。

【スタッフ】

原作:加藤和恵(集英社「ジャンプスクエア」)
監督:初見浩一
シリーズ構成:大野敏哉
キャラクターデザイン:佐々木啓悟
総作画監督:佐々木啓悟、髙田晃
副監督:河合滋樹
サブキャラクター/悪魔デザイン:細越裕治
メインアニメーター:米澤優、宇田早輝子
プロップデザイン:猪口美緒
美術監督:高橋麻穂
美術設定:高橋武之
CGディレクター:野間裕介
音楽:澤野弘之、KOHTA YAMAMOTO
制作:A-1 Pictures
製作:「青の祓魔師」製作委員会・MBS