藍より青し

【概要】

文月晃によるマンガを原作としたテレビアニメ。全24話。
原作は、白泉社「ヤングアニマル」1998年23号から2005年17号まで連載され、単行本は全17巻が発売されています。

【あらすじ】

平凡な大学生・花菱薫は、実は花菱財閥の御曹司。祖父の虐待に近い帝王教育を受け続けたこともあり、花菱を嫌い、母の死をきっかけに縁を切って家を出てしまう。薫の婚約者であった桜庭呉服店の跡取り娘桜庭葵は、婚約を破棄され別の縁談話があったが、薫への想いを断ち切れず、薫を追って桜庭家を飛び出し、薫の住むアパートに身を寄せる。2人で生きていくには困難な状況だったが、葵の後見人神楽崎雅の取り計らいで2人の住む邸宅が用意され、そこに薫が所属する写真部の仲間も集まり、新たな生活が始まる。

【スタッフ】

原作:文月晃
監督:下田正美
シリーズ構成:あみやまさはる
チーフライター:金巻兼一
キャラクターデザイン:岩倉和憲
デザインワークス:長谷川眞也、楠本祐子
音楽:増田俊郎
制作:J.C.STAFF
製作:藍青計画、フジテレビ