サテライト

詳細情報

東京都杉並区阿佐谷南1-34-6 新東京会館2,4,6~7F

アニメ制作会社

1995年12月設立のデジタルアニメ制作に特化したアニメ制作会社。
1993年にグループ・タックと北海道札幌市のソフトウェア開発会社ビー・ユー・ジーが共同で制作した世界初のフルCGによるテレビアニメシリーズ『ビット・ザ・キューピッド』において、デジタルパートを担当したビー・ユー・ジーの子会社バイスのサテライト事業部が前身で、当作品のヒットにより、サテライト事業部は1995年にバイスより独立。ビー・ユー・ジーの経理出身の佐藤道明が代表取締役となって「株式会社サテライト」を設立。
1996年にはグループ・タック制作の『イーハトーブ幻想~KENjIの春』のCGパートを担当。
1998年に東京都杉並区に制作スタジオを設立。
その後、2001年にはビー・ユー・ジー傘下よりも独立し、リンクキューブ社が資本参加。リンクキューブ社のCEOである内田善之が会長に就任。
同年には、初の元請制作作品である『地球少女アルジュナ』を制作。
2003年にメカデザイナーでアニメ監督の河森正治が取締役に就任。
2006年には、パチンコ機メーカーのSANKYOと資本提携して系列下に入り(非連結子会社)、本社を北海道札幌市から東京都杉並区へ移転。以降はパチンコ機種の演出映像制作も手がけることとなる。
社名の由来は、Sapporo、Animate、Technology、Entertainmentの頭文字から。